January
■ 今月の「お題」一覧 ■

ジルヴェスターコンサート ☆ 1999 (1/3)



ジルヴェスターコンサート ☆ 1999
Jan. 3. 2000


演奏:クラウディオ・アバド / ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
ベルリン放送合唱団 / ベルリン・リアス室内合唱団
語り(グレの歌):クラウス・マリア・ブランダウアー(俳優)

* プログラム *
《 第1部 ザ・フィナーレ 》
ベートーヴェン:交響曲第7番 〜終楽章
ドヴォルザーク:交響曲第8番 〜終楽章
マーラー:交響曲第5番 〜終楽章
ストラヴィンスキー:「火の鳥」 〜カッチェイ王の魔の踊り/こもり歌/終曲
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2番 〜全員の踊り
プロコフィエフ:カンタータ「アレクサンドル・ネフスキー」 〜アレクサンドルのプスコーフ入城
シェーンベルク:「グレの歌」 〜夏の風の荒々しい狩り

《 第2部 ベルリンの風 》
リンケ:喜歌劇「グリグリ」序曲
同:行進曲「フォリ・ベルジェール」
同:ギャロップ「急ぎの手紙」
ドランスラトゥール:ウィーンの楽しい遊園地
フィッシャー:泡立つシャンパン
ニコライ:歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
コロ:ウンター・デン・リンデンまで
リンケ:ベルリンの風


2000年の "初気ままにChat" ももちろん毎年恒例のこの話題で決まり!(^o^)v・・・でも2002年以降は・・・かっ、考えたくないやいっ(T_T)。
今年は開演時間が遅かったため、TVでの中継は元旦の午前4:00から。もちろん徹夜をしての鑑賞です(^^;。にしても、はぁ〜っ(深くタメ息)、もはやこの世界一のスーパーコンビに賛辞の言葉も浮かびません(大げさとでも何でも言うがよい(^^;。もしも、今回この中継を見逃してしまったという方がいらっしゃったとしても、上記のプログラム内容をご覧頂ければ、かつてないその豪華さだけでもおわかりいただけるのではないかと思います(^_^)。 そう!1900年代の最後を飾るアバド&ベルリンフィルによるジルヴェスターコンサートは、前半にフィナーレ特集、後半には20世紀前半…いわば封印されていたベルリンの栄華ともいうべき時代…に活躍をしたリンケをはじめとする作曲家たちの特集という空前絶後のフェスティバルとなったのです!

コンマスは安永さん、隣にはスタヴラーヴァ、ヴィオラには先日退団をしたクリスト、チェロにはファウストといわゆるアバドシフト(^^;。木管トップはマイヤー(Ob)、パユ(Fl)、フックス(Cl)、ダミアーノ(Fg)。

まずトップに「ベト7」を持ってきたのは正解!(^_^)v。近年のアバドのベートーヴェンといったらますます快感で、これに慣れるのが怖い気さえします(^^ゞ。大お気に入りのアバドのドヴォ8が聴けたのも嬉しかったなぁ!上っ面だけをなぞったフィナーレのオンパレードではなく、どの曲も定期で聴かせるのと同等・・・いやもしかしたらそれ以上に気合の入った演奏という手応えは予想通り。
マラ5ではアバドの額ににうっすらと汗が光り、やはりマーラーを振る時の気持ちは格別なのかな、と(^_^)。あのエネルギッシュな指揮姿を見せられてしまうと悔しいけど惚れ直します。 ドールくんのホルンも堪能できたし演奏は言うことナシだったけど、だからこそマーラーには満たさせない欲求が残りました(もちろん全曲聴きたいという…(^^;。

そしてアバドは呼吸を整えるまもなく「火の鳥」へ(^_^)。「カッチェイ王の魔の踊り」から取り上げてくれるだけで、聴く側の燃焼感も違いますね。もう圧巻のひとこと!
「ダフニス」以降は当初予定されていた「スキタイ組曲」が「ネフスキー」に代わったことにより合唱を伴った曲で固められますが、それはそれはもうアバドの独壇場でした(ダフニスではミュンシュ等の演奏に慣れている人にとっては物足りなさが残るんでしょうけど(^^;。「グレの歌」はベルリンフィルとも是非録音して欲しいですね!
今回のフィナーレ特集、なかなかイケたのではないかと思います(^_^)v。

そしてそして、ホルンのヴァレンドルフがつなぎ役(^^;としてマイクを握ったのは意外でした(^o^)ゞ。いや〜、最初はどうなることかとハラハラしましたがなかなかナイスでしたね(^_^)。雰囲気をガラリと変えるにはもってこいの楽しい司会だったと思います。そして何よりも聴衆の反応が最高!ウケ方が素晴らしいですね!それが見事に第2部の演奏に反映していたといってもいいくらい。私は思わずそんなところに感動していました(^-^ゞ。

さて、そんなこんなで順調に幕を開けた第2部。舞台の両サイドには沢山の豆電球が、そして3階席の中央にもステキなランプが灯り、何だか一瞬のうちに時代が変わったかのようでした。
そして「グリグリ」の序曲が始まった瞬間に確信したんです。"アバドは説得されたんじゃない!ベルリンフィルに心を見抜かれたのよ(^^;。実は密かにやりたがっていたに違いない!" …とね(^^ゞ。だってそうでしょう?あの嬉しそうな表情(^^;。
しかし、どの曲も本当にステキで新鮮そのもの☆ 初めて聴いた曲の中では「泡立つシャンパン」と「ウンター・デン・リンデンまで」が気に入りました(^_^)。2部になってもオケの気合は変わらず…とにかくうまい(^^;。
その上、初見でもそのまんまいける曲をまことしなやかなアバドの指揮でそれはそれは魅惑的に聴かせる…マエストロのほころんだ笑顔がそのまんま演奏になったような、あたたかく甘いひとときでした^-^。

ノリノリのアバドがファウストに「次はシャンパンだよね?」って確認している姿も微笑ましく、「ベルリンの風」での退場のしかたも本当にステキでもうたまりません(ーーったく、どこまでもかわいくっておちゃめなヤツだぜ(*^_^*)。 客席の紳士淑女も大喜びでアバドも大満足の演奏会だったと思います(^-^)。

中継が終わり、東の空に赤々と燃える新たなる年のご来光を拝みながら、遠くベルリンへ思いを馳せアバドに感謝しました。ああ、こんなにも幸せを与えてくれるマエストロのもとへ今すぐ飛んで行きたーーい!!心からそう叫びながら…。

☆ 今年もマエストロのますますのご健康とご活躍をお祈りしています ☆



Go Top