Yuko's Library


ライブラリーでは私の所有するアバドのディスク(CD・LD・DVD)をすべてご紹介します!(といっても熱心な珍盤コレクターというワケではないので特に目新しいものはありませんが(^^;。
コメント欄には以下の表情豊なYukoマーク(?)が独断と偏見まる出しの評価をつけていますので、どうぞお気軽にお楽しみ下さい(^_^;。

good ここ数年更新を怠っていたため全くもって未完成です。
2015年はライブラリーの完成を目標とします♪


good good good good


■ 所有している音源または映像のうち、商品化されている(いた)もののみを紹介しています(一部CD-R盤もあり(^^;。
■ 貸出し・ダビングサービス等は行っておりません(^-^ゞ。
■ ここに書かれているのはあくまでも私個人の感想であることを改めてお断りさせていただくとともに、アバドファンの方々には筆者の拙文を前もってお詫びさせていただきますm(--)m。


【表の見かた↓】

 ディスク名 / タイトル / 曲名 CD / LD / DVD 等
CISC NO.
 オケ / 共演者 収録された年
good 独断と偏見まる出しのコメント
(※まだコメントがついていないディスクは今後少しずつこっそりと(^^;つけていきます)







Release

♪ New Releaseは、購入したものから順に追加しています(最新盤が一番上)。
相変わらず追いつかないディスクの感想は、時間のある時に少しずつ加えていく予定です(^^;。


 アバド・ラスト・ルツェルン 〜ルツェルン音楽祭オープニングコンサート2013 BD
KKC-9094
 Lucerne Festival Orchestra 2013
good good アバド最後のルツェルン音楽祭となった2013年のオープニングコンサートを収録したもので、プログラムは、ブラームスの悲劇的序曲、シェーンベルクの「グレの歌」より間奏曲、山鳩の歌(Ms 藤村実穂子さん)、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」。

2013年9月にこの演奏会をTVで見た時、アバドはまだ活躍中だったので、まさかこの演奏会がディスク化される時に "アバド・ラスト・ルツェルン" などというタイトルがつくとは思いもしなかった・・・。

藤村さんの心に響く歌声が素晴らしい。
「英雄」は、どこをとっても極めて高い集中力でアバド渾身の指揮姿に胸が熱くなる。結果的にとはいえ、まさか最後のルツェルンで英雄の葬送行進曲を演奏することになるなんて・・・神様の悪戯としか思えない。

ブルックナーの9番が映像化されない限り、これが残されたアバドの映像では最後(最新?)のものとなる。 指揮者もオケも "これが最後" という気持ちで演奏しているわけではないので、できる限りひとつの演奏会として鑑賞したいと思うのだが、やっぱりファンにとっては特別な思い入れの強い映像だ。


 ブルックナー: 交響曲第9番 CD
UCCG-1664
 Lucerne Festival Orchestra 2013
good good ルツェルン音楽祭2013のライブレコーディング。

アバドの白鳥の歌となったこの演奏、CDは買ってあったがなかなか聴けなかった。 でも "これを聴かなきゃ先に進めない" と思い、アバドの6カ月命日(2014年7月20日)にようやく聴いたのである。

ブル9といえば、ベルリンフィルの定期の映像をテープが擦り切れるほど繰り返し楽しんできた自分にとって、こんな風に音だけに耳を傾けて聴くのは久しぶりだったが、そこには壮大な自然があった。
第1楽章は、ウィーンフィル、ベルリンフィルとの演奏よりもゆっくりめ。 スケルツォは、過去の録音よりも音楽性に富んでいる印象。
アダージョはどんどんと高みに向かって行き、最後のホ長調の長い和音をしっかりと心で受け止めながら聴いていたら、アバドの幸せそうな笑顔が目の前に浮かんできた。
まるでこの1枚のCDが "幸せな人生だったよ^^" というクラウディオからのメッセージのような気がして、ただでさえ特別なCDがたちまちお守りのような存在となった。

もし、昨秋の来日公演が実現していて、このブル9の演奏に立ち会うことができたなら、きっと私の人生はもう少しだけ変わっていたのではないかと思う時がある。今までがそうだったように。
でも、ここに収められた演奏には、そんな未練や寂しさを吹き飛ばしてくれる大きな愛があった。
これからも間違いなく私の愛聴盤のベストとなるだろう。

(こんぐら日記2014/7/20に書いた感想からの抜粋)




バルトーク


 ピアノ協奏曲第1番、第2番 CD
POCG-1134
 ポリーニ(Pf) / シカゴ響 1977
 コメント順次更新中


 中国の不思議な役人 / ヤナーチェク:シンフォニエッタ 他 CD
445 501-2
 ロンドン響 / ベルリンフィル 1982/87
good ほかにミンツのヴァイオリンによる「2つの肖像」も収められており、美しさの点で「中国〜」よりもこちらの演奏のほうが気に入っている(オケはLSO)。ベルリンフィルとの「シンフォニエッタ」はアバドが音楽監督になる2年前にイエス・キリスト教会で収録されたもの。




ベートーヴェン


 交響曲第1番、第4番 CD
F32G 20320
 ウィーンフィル 1988
good 毅然とした中にも歌心に溢れるアバド&ウィーンフィルのベートーヴェン。とりわけ、この1&4番ではそれを肌で感じる喜びに浸れる。もう何度聴いたことか(^^;。

 交響曲第2番、第5番「運命」 CD
POCG-1214
 ウィーンフィル 1987
good good 2番はメリハリのきいた弦が生きる快演。「運命」は堂々とした風格の中にも優美さを兼ね備え、この曲の魅力をたっぷりと表現しきったこのコンビならではの秀演。"隠れベト5ファン(^^;" の私にとってのベストディスクはもちろんコレ!

 交響曲第3番「英雄」 / 序曲《コリオラン》 CD
POCG-1184
 ウィーンフィル 1985
good この「英雄」は、親友でありアバドのレコーディングも担当していた故ライナー・ブロックに捧げられた演奏。 アダージョの集中力の凄さにアバドの渾身の力をふりしぼった指揮ぶりがうかがえる。

 交響曲第3番「英雄」 / 序曲《エグモント》 《シュテファン王》ほか CD
445 603-2
 ウィーンフィル 1985/87/88
good 3番は↑で紹介した交響曲全集と同じ録音なんだけど、カップリングされている3つの序曲聴きたさに購入したディスク(^^;。序曲のもう1曲は《アテネの廃墟》。

 交響曲第6番「田園」/ 合唱幻想曲 ほか CD
POCG-1279
 ウィーンフィル / ポリーニ(Pf) 1986
good 定かではないが、アバドはこの曲をレコーディングするにあたりムジークフェラインの客席を埋めて演奏会の雰囲気を作るという涙ぐましい努力をしたといわれている。 それが功を奏したのか、すみずみまで手の行き届いた、それでいて壮大な演奏に仕上がったのがこの「田園」。まさにアバドの努力の結晶である。アバドの得意とする合唱幻想曲では何といってもポリーニが光る☆

 交響曲第7番、第8番 / プロメテウスの創造物 CD
F28L-28065
 ウィーンフィル 1966/68
good ウィーンフィルとの旧録。これは間違いなく私の心をアバドという指揮者へ向かわせた1枚。今振りかえっても衝撃的な出会いであった。胸をときめかせながら聴いた若々しく純粋な7番の演奏は今でも初恋の香りがする(*^_^*)。

 交響曲第7番、第8番 CD
F32G 20202
 ウィーンフィル 1987
 コメント順次更新中

 交響曲第9番 《合唱》 CD
POCG-1185
 ウィーンフィル 1986
 コメント順次更新中

 交響曲第9番 《合唱》 CD
SRCR 1669
 ベルリンフィル 1996
このCDを購入する♪
good ウィーンフィルとの「合唱」を録音してから10年。96年のイースターで取り上げた際の録音。この年の来日公演に先駆けて発売され、アバドの解釈云々をはじめ様々な角度から話題を呼んだディスク。でもやっぱりアバドの第九の決定盤は、何といっても後にベルリンフィルと出した全集に納められているほう!

 交響曲全集 CD
UCCG-1003/7
 ベルリンフィル 1999/2000
このCDを購入する♪
good アバド&ベルリンフィルによる10年の総決算ともいえるベートーヴェンの新全集。1,2,4,8番はアバドらしく小編成で演奏されており、全体を通じてアーティキュレーションが緻密に扱われているため実に歯切れがよい。アバドの細部に渡るコントロールに応えるベルリンフィルの巧さといったら舌を巻くばかりだ。中でも3,7,9番は圧巻!!

ちなみに、この全集の箱にいただいたサインは2000年の来日公演の時のもので、個人的に大変思い出深いサインのひとつ。

 ピアノ協奏曲第1番 CD-R
sacd-206
 アルゲリッチ(Pf) / チェコフィル 1971
good アメリカのsardana recordsというところから出ているプライヴェート盤。表紙のプリント(ワープロか何かで作った簡単なもの)が「CLAUDIO ADDADO」となっているので自分で作り直したくなる(^^;。

 ピアノ協奏曲第4番、プロメテウスの創造物より CD-R
sacd-210
 ポリーニ(Pf) / ヨーロッパ・コミュニティ・ユースオケ 1979
good ひとつ上のディスクと同じ発売元。

 ピアノ協奏曲全集 CD
POCG-1767/9
 ポリーニ(Pf) / ベルリンフィル 1992/93
最高ーーっ! すべて1992年12月から93年1月にかけて行われたベルリンフィルの演奏会からのライブレコーディング。現代における最高の組み合わせで実現したコンサートに対する喜びと熱気がストレートに伝わってくるような録音である。ポリーニの気迫溢れるピアノはライブならでは・・・しかしその完璧さといったらライブ収録とは思えないほどでどれも非の打ち所がない最高の出来栄えで聴かせる!ミラノの俊英コンビに脱帽の1枚。

 祝典劇 《献堂式》 ほか  CD
POCG-1961
 ベルリンフィル / マクネアー(S)、ターフェル(Br)ほか 1993/94
やられた〜! 録音される機会の少ないベートーヴェンの劇音楽から「祝典劇 《献堂式》 のための音楽」と「舞台劇 《レオノーレ・パプルスカ》 のための音楽」の2曲をベルリンフィルと録音。"何ともアバドらしい選曲" と感心するのも束の間、スピーカーから聞こえてくる堂々とした風格の心地よさとオケや合唱の美しさに "なぜこんな素晴らしい曲の録音が少ないワケ?" と逆に不思議に思ってしまったほどだ。しかしベルリンフィルとのベートーヴェンは交響曲に限らずどれも快演である。ジャケ写のアバドもグー!

 ベートーヴェン in ベルリン  LD
POLG-1071
 ベルリンフィル / ステューダー(S) / キーシン(Pf) 他 1991
good ベルリンフィルの音楽監督に就任して初めてのアバドによるジルヴェスターがこの「ベートーヴェン・ガラ」。プログラムは、ゲーテの悲劇 《エグモント》 への音楽、シェーナとアリア 《おお、不実な者よ》 、レオノーレ序曲第3番、合唱幻想曲・・・と、これまたこの作曲家の偉大さに敬意を表すアバドの姿勢が伝わってくるような選曲である。 演奏はどれも素晴らしいものだが、まだ音楽監督として(?)終演後にも若干の固さが感じられるアバドの表情についついこちらも緊張の面持ちで鑑賞してしまう(^^;。この年はアバド初のジルベスターコンサートというだけでなく、修復工事中だったフィルハーモニーホールに代わってシャウシュピールハウスで演奏されているといった面でも貴重な映像かもしれない。 合唱幻想曲のあたまでは、キーシンのピアノを見守るマエストロの表情に何度しびれたことか・・・(^-^ゞ。

 交響曲第9番「合唱」ほか DVD
TDBA-0001
 ベルリンフィル / プレトニョフ(Pf) 2000
good good 2000年のベルリンフィル・ヨーロッパコンサートがTDKよりDVDになって発売!5月1日フィルハーモニーでのライヴ収録で、前半はプレトニョフをソリストに招いてのピアノ協奏曲第2番。

全集に収められた9番も素晴らしかったが、映像を伴っているせいかこちらもまったくスキのない熱演に思わず涙が出てくる。アバドはこの年の7月に手術をしているので、その2ヶ月前の演奏会ということになる。
1楽章からして神懸り的な演奏だが、全体を通して第九を今までとは全く違った角度から鑑賞することができた。中でも祈りを捧げたくなるような3楽章は他では味わえない素晴らしさ。

付録として収録されているドキュメンタリー「ベルリンの10年」では、BPOの室内楽のメンバーたちが隣接する美術館や生まれ変わったポツダム広場などを案内してくれる。これを見て思わずまたベルリンに行きたくなった。





ベルク


 《ルル》組曲 / アルテンベルク歌曲集 他 CD
POCG-3812
 プライス(S) / ロンドン響 1970
good この時代にロンドン響をここまで自在に操った指揮者は少ないのでは?・・・このディスクに限らずまたベルクに限らずこのオケとの共演ではいつも思ってしまうコトだ。プライスの伸びやかな歌声が印象的。ほかに「管弦楽のための3つの小品」が収められている。

 初期の7つの歌 / ワイン / 管弦楽のための3つの小品 CD
POCG-1945
 オッター(MS) / ウィーンフィル 1992/93
このCDを購入する♪
good 時を経て作品への解釈をさらに深めたアバドがウィーンフィルとより一層リアルなベルクを描き上げる。核心を突くこの演奏はベルク作品集の決定盤ともいえる。

 アルテンベルク歌曲集 / 《ルル》組曲 他 CD
POCG-1970
 バンス(S) / ウィーンフィル 1994
このCDを購入する♪
good 《ルル》はライヴレコーディング。先に発売された作品集同様こちらもイチオシの決定盤。ソプラノのバンスがいい。ほかに《叙情組曲》からの3つの楽章が収録されている。

 ヴォツェック CD
423 587-2
 ウィーン国立歌劇場 / グルントヘーバー、ラファイナー、ラングリッジ他 1994
 コメント順次更新中




ベルリオーズ


 幻想交響曲 CD
POCG-4048
 シカゴ響 1983
 コメント順次更新中

 テ・デウム CD
410 696-2
 アライサ(T) / ロンドン交響cho. / ECユースオーケストラ 他 1981
good セント・オールバンズ大修道院でのライブ録音。

 テ・デウム / ワーグナー:歌劇 《マイスタージンガー》 前奏曲 LD
PILC-1160
 カレーラス(T) / ウィーン国立歌劇場cho. / ウィーンフィル 他 1992
good フランクフルトのアルテ・オーパーで行われた演奏会を収録したもの。(以下コメント順次更新します)。





ビゼー


 《アルルの女》 第1、第2組曲 / 《カルメン》 組曲 CD
POCG-6003
 ロンドン響 1977/80
 コメント順次更新中

 歌劇 《カルメン》全曲 CD
F95G 50465/7
 ベルガンサ、ドミンゴ、ミルンズ、コトルバス / ロンドン響 1977/78
 コメント順次更新中





ブラームス


 交響曲第1番 / ハイドンの主題による変奏曲 CD
POCG-91008
 ウィーンフィル / ドレスデン国立歌劇場 1972
このCDを購入する♪  コメント順次更新中

 交響曲第1番 / 運命の女神の歌 CD
POCG-1475
 ベルリンフィル / ベルリン放送cho. 1990
 コメント順次更新中

 交響曲第2番 / 大学祝典序曲 CD
469 044-2
 ベルリンフィル 1971/1968
このCDを購入する♪
good  ベルリンフィルとの旧録。ずっとずっと待ち望んでいたこのCDが再発売され、やっと聴くことができたのが2000年の夏。思っていた以上に味わい深かったというのが第一印象。ベルリンフィルの音が時にみずみずしく時に熱く体を包んでくれる。終楽章のパワーが凄い!カップリングの大学祝典序曲では若き日のアバドを思いながら胸を熱くしてしまう。

 交響曲第2番 / アルトラプソディ CD
POCG-1311
 ベルリンフィル / リポヴシェク(A) / エルンスト・ゼンフcho. 1988
 コメント順次更新中

 交響曲第3番 / ハイドンの主題による変奏曲 CD
461 084-2
 ドレスデン・シュターツカペレ 1973/74
ジャケット写真 good 自分では探し切れなかったこのCDは、Futoshiさんが上京する時に札幌で買ってきてもらったモノ。 3番は予想通り終楽章が聴かせる。ハイドンの主題による変奏曲も時にキレよく時にあたたかくアバドの棒によく応えるSDの響きが嬉しい。

 交響曲第3番 / 悲劇的序曲 ほか CD
POCG-4135
 ベルリンフィル 1989
 コメント順次更新中

 交響曲第4番 / ハイドンの主題による変奏曲 / 悲歌 CD
POCG-1476
 ベルリンフィル / ベルリン放送cho. 1990/91
 コメント順次更新中

 セレナード1番、2番 CD
449 601-2
 ベルリンフィル 1981/1967
 コメント順次更新中

 ピアノ協奏曲第1番 CD
PHCP-1653
 ブレンデル(Pf) / ベルリンフィル 1986
 コメント順次更新中

 ピアノ協奏曲第1番 CD
POCG-10139
 ポリーニ(Pf) / ベルリンフィル 1997
 コメント順次更新中

 ピアノ協奏曲第1番&第2番 CD
457 837-2
 ポリーニ(Pf) / ベルリンフィル 1997/98
good ジャケ写のポリーニとのツーショット欲しさにダブリ買い(^-^ゞ。こんな形で再発売するなんてズルイよーっ!

 ピアノ協奏曲第2番 CD
PHCP-1654
 ブレンデル(Pf) / ベルリンフィル 1991
 コメント順次更新中

 ピアノ協奏曲第2番 CD
POCG-7065
 ポリーニ(Pf) / ウィーンフィル 1976
 コメント順次更新中

 ピアノ協奏曲第2番 CD
POCG-10049
 ポリーニ(Pf) / ベルリンフィル 1995
good 95の12月にフィルハーモニーで行われた定期のライヴ録音。 "世界を先駆けての発売" というだけでもこのディスクにかかった我が国の期待の大きさが窺い知れるだろう。 率直な感想から言うと "ポリーニとて人間" ということだ(^^;。いや、これは決して悪い意味ではなく私としてはむしろ嬉しいくらい。今までは、完璧なテクニックと崇高さをもったピアノの表現にある種近寄り難い "神的" なイメージすらあったポリーニだが、それがある時はかけがえのない大切な演奏となる反面、もう少し人間的な(ほかに言葉がみつからない(^^;)アプローチが欲しいと思った時もあった。 その点、この演奏は何よりもピアノが余裕を持ってオケとの絡みを楽しみながら表情を鮮やかに切り替えているのが嬉しい。 クライマックスへのもっていき方や曲全体のまとめ方はさすがアバドならではのため息もの。ただ私の中では今のところ旧録を超えていない(^^;。

 ヴァイオリン協奏曲 CD-R
FKM-CDR-124
 オイストラフ(Vn) / ウィーンフィル 1972
good Fachmannから出ているCD-R盤。何といってもソリストが素晴らしい超熱演!悔しいけれど録音もよく、この曲の中ではダントツのお気に入りとなってしまった。

 ヴァイオリン協奏曲 CD
423 617-2
 ミンツ(Vn) / ベルリンフィル 1987
 コメント順次更新中

 ヴァイオリン協奏曲 CD
PHCP-10503
 ムローヴァ(Vn) / ベルリンフィル 1992
 コメント順次更新中


 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ほか CD
UCCG-1112
 ベルリンフィル / ギル・シャハム(Vn)、ジャン・ワン(Vc) 2000/2001
このCDを購入する♪ コメント順次更新中


 ドイツレクイエム CD
437 517-2
 ステューダ(S)/シュミット(Br)/スウェーデン放送cho./ベルリンフィル 1993
 コメント順次更新中

 ハンガリー舞曲 CD
POCG-1111
 ウィーンフィル 1982
このCDを購入する♪
good いよっ!ウィーンフィル鮮やかっ☆ もうこのひとことに尽きる。 変幻自在のテンポ感、うねりをあげる弦、踊る木管…ああ、もう、どこをとってもアバド…あ、いや(^^ゞ、ウィーンフィルの魅力がたっぷりと描き出されているとびきりオイシイ一枚なのだ。 歌う喜びや哀愁も決して情感に流されることなく、どこまでも凛々しく堂々としていてなんとカッコイイことか! 美しさと切なさが渾然一体となって時に魅惑的に時に怪しげに私のハートを酔わせるこの演奏は、聴く度に「おお!今日はいつも以上にノッてるぞっ!」とニンマリ(^-^)してしまうこともあるくらい。それはもう魔法のディスクなのである。尚、録音は英デッカのご好意によりゾフィエンザールで行われている。(ちなみに、このディスク評はフィルカーの部屋のアクセスカウンタ10万件到達記念ページ「ウィーンフィルのこれを聴け!」に投稿したものと重複しています(^^;。ご了承下さい。

 カンタータ 「リナルド」 / 運命の歌 CD
POCL-3444
 キング(T) / アンブロジアンcho. / ニューフィルハーモニア管 1968
 コメント順次更新中

 ヴァイオリン、チェロと管弦楽協奏曲 ほか CD
CSCR 8448
 スターン(Vn)、ヨーヨー・マ / シカゴ響 他 1985/86
good ベルクの「ピアノ、ヴァイオリン、13の管弦楽のための室内協奏曲」も収められている。アイザック・スターン、ヨーヨー・マ、ピーターゼルキンとの共演。

 ピアノ協奏曲第2番 LD
POLG-1105
 ポリーニ(Pf) / ウィーンフィル 1977
 コメント順次更新中

 交響曲第2番 ほか LD
PILC-1180
 ベルリンフィル
 コメント順次更新中





ブルックナー


 ブルックナー: 交響曲第1番 CD
POCL-4329
 Wiener Philharmoniker 1969
good good  アバドとウィーンフィルの密接な関係が始まって間もない頃といえる1969年の録音。
以下コメント順次更新中。

 ブルックナー: 交響曲第1番 CD
POCG-10023
 Wiener Philharmoniker 1996
good good この演奏、とにかく期待以上だった。演奏が始まると、早くもそこにはドラマティックなブルックナーが!それにアダージョの弦の美しさ・・・のびのびとした弦に浸っているのも束の間、急に息を呑むほど美しくそして儚く歌う場面へと引き込まれて行く。そこはかとなくワーグナーを感じさせるようなところもあり、実にスケールの大きい演奏が嬉しい(^_^)。
私がびっくらこいたのは(^^;終楽章のダイナミックスの激しさ。アバドのことだから多少劇的な演出を見せてくれたとしても、もう少し冷静で知的なアプローチを心に描いていただけに、この理性をかなぐり捨てたかのような激しい演奏は、もう "ブルックナーとは斯く斯く然々・・・という理屈などもはやどーでもええわい!" と思わせるだけの説得力を備えている。ウィーンフィルの巧さを紡ぎ出しながら、アバド流の解釈へと導いてゆく・・・そこに生まれたのがこのドラマティックな演奏。今までにないブルックナーを次々と打ち立ててゆく、といった傾向はこの先もしばらく変わりそうにない。

 ブルックナー: 交響曲第4番「ロマンティック」(ノーヴァク版) CD
POCG-1402
 Wiener Philharmoniker 1990
good  コメント順次更新中。

 ブルックナー: 交響曲第5番 CD
POCG-1943
 Wiener Philharmoniker 1993
good good 発売当時は「荒々しい」「批評家泣かせ」などと言われているディスクであるが、この演奏を楽しめない人はマジで不幸だと思う(^^;。誰がなんと言おうと私はこの5番が大のお気に入り!!
以下コメント順次更新中。

 ブルックナー: 交響曲第7番 CD-R
LB 0053
 Wiener Philharmoniker 1984
good Lucky Ballから出ているCD-R盤だが、1984年8月1日のザルツブルク音楽祭の演奏となればアバドのブルックナーを心から愛する者としてはやはり見過ごすわけにはいかない。のちの演奏に比べると、たかだか8年の差とはいえその違いは顕著で、ひとことで言えば若々しく開放的だ。 金管はバリバリに気合が入っており、ホルンがコケルことコケルこと(^-^ゞ。聴き手も思わず熱くなる演奏。


 ブルックナー: 交響曲第7番 CD
POCG-1750
 Wiener Philharmoniker 1992
good ウィーンフィルの清らかな響きに心が洗われるような1枚。 ぐーっと押し寄せたあとのあの静けさとの対比、低音弦の荘厳な主題の中にある妙な心地良さ・・・本当にブルックナーには他には代え難いものがある。いつもながらアダージョも実に美しい。フレーズ毎に表情が細やかに変わるあたりは、まるで美しいグラスが光の具合によって微妙に色を変えるかのようだ。 終楽章の全管弦楽の強奏部も豊かではあるけれど決してザツにならず、どこまでも清澄なブルックナーに現実を忘れただただ酔いしれる。やはりこの7番は絶品!

 ブルックナー:交響曲第9番 CD
471 032-2
 Wiener Philharmoniker 1996

good 4、7、5番に続いて1番の新旧録音と順調に世に送り出されてきたアバド&ウィーンフィルのブルックナーだったが、いやはやこの9番は発売を待たされた(^^;。 後に行われたベルリンフィルとの演奏(TV中継)と比べると、ウィーンとのほうがより神経を遣っているためか全体的な仕上がりが締まって聞こえてくる。深く大きな流れを持った曲でありながら、管弦のバランスとわずかな淀みも感じさせないアバドならではの指揮で実に完成度の高い演奏に仕上がっているのはさすが。コーダ以降の美しさには思わず涙せずにはいられない。今後、ウィーンフィルとのブルックナーは一体どうなってしまうんだろう・・・。1996年11月、ライヴレコーディング。


next